≪終了≫【治療】x【リピート】コラボセミナー

ABOUTこの記事をかいた人

杉本 郁

1991年6月生 はり師/きゅう師/あん摩マッサージ指圧師の免許を所有。自費による鍼灸マッサージ院に就職後23歳で副院長、24歳で院長を経験。その後25歳で退社・独立。自身の治療技術に限界を感じ、より技術の高い先生のサポートをする様になる。“治して欲しい患者“と“治せる技術を持つセラピスト“を繋げるためWEBマーケッターとして活動中。

このセミナーは既に終了しています

このサイトの本来の目的

“全てのセラピストに最新を”

そのための判断基準として

  • 実績
  • 理念
  • 再現性
  • 人格

などがあります。
これらの条件を唯一と言っても良いレベルで突破してくるセミナー案件のご紹介です。

中村光太郎×小樋将太郎コラボセミナー

コラボセミナーimg

短時間治療のパイオニア“中村光太郎先生”
経営の仕組み作りの専門家“小樋将太郎先生”のお二人がおなじ日に、おなじ会場でコラボセミナーを行います。

中村光太郎先生とは

中村先生img
中村先生img

高単価治療の専門家


独立後3ヶ月で月収100万円を達成。現在も一人治療院にもかかわらず、月16日前後の営業で400万円以上を安定して作り上げる。

現在治療時間は10分、1回の治療料金は12,000円という短時間高単価を実現しつつ、新規の予約は入り続けている状況

自身の主催する実践会はクライアント数が5,000人を超え、その治療のノウハウを全ての治療家へ伝えるべく活動している。

私も何度かお目にかかり、お話を伺った事がありますがとても厳しいながらも誠実な先生でした。
中村先生が使われる手技は“操体法”と呼ばれる手技で、先生ご自身が『その手技に出会い人生が変わった』とのことで、

中村先生
俺の人生を変えてくれた操体法を全ての治療家に広めたい

という強い思いを持って、実践会やセミナーに取り組まれています。

小樋将太郎先生とは

小樋先生img
小樋先生img

治療院経営仕組み化の専門家


23歳で広島市で鍼灸整骨院を開業。最初は交通事故集客で上手くいっていたが、仕組みがない為、徐々に経営は悪化。広島は原爆手帳の患者さんが多い為、窓口負担が0円。

クリーンな請求で立て直したいと思い、自費移行するが売り上げは450万円から100万円台に急降下、スタッフも全く理解を示してくれず途方に暮れる。

しかし、マーケティングと仕組みを取り入れ、スタッフの教育制度や自費患者の集客、リピートを習得し経営もV字回復。今では2院の鍼灸整骨院を経営し、自費の売り上げだけで2院で月商1,180万円を達成。

私も勤務時代は雇われでしたが、一応院長という立場だったので、小樋先生のメルマガは拝見させていただいていました。
どうにか売上は上げたい。でも稼働率ばかりを上げて売上を追い続けるとスタッフがやめてしまう。

スタッフに気持ち良く働ける環境で如何に売上を伸ばすか

ということ、どうにか実現したい。と思っていました。
言い訳ですが、、、

私は誰かを下につけて指示を出し都度修正していくという事に向いていなかったようで挫折し一人独立しました。

今でも多店舗経営を考えているオーナーさんはいらっしゃると思いますが
小樋先生の仕組みは、相当作り込まれているというウワサを聞いたことがあります。

あり得ないコラボセミナー

それぞれ多忙な毎日を送られている両先生。
お二人のスケジュールを合わせて、しかもセミナーを開いてくれるなんてチャンスはまず無いのではないでしょうか。

第一部&第二部は19,800円(税別)
第三部は懇親会付きで24,800円(税別)

第一部と第二部はセットみたいですね。定員は第一部&第二部が150名、第三部が50名とそこまで多くありません。

このお二人のお話を同時に聞けるのはまたとないチャンスです!

このセミナーは既に終了しています

 

メルマガ購読しませんか?
もちろん無料!記事にする前の速報をお届け!
お名前 必須
メールアドレス 必須


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

杉本 郁

1991年6月生 はり師/きゅう師/あん摩マッサージ指圧師の免許を所有。自費による鍼灸マッサージ院に就職後23歳で副院長、24歳で院長を経験。その後25歳で退社・独立。自身の治療技術に限界を感じ、より技術の高い先生のサポートをする様になる。“治して欲しい患者“と“治せる技術を持つセラピスト“を繋げるためWEBマーケッターとして活動中。